メンズ美容

男のダイエット!痩せるだけで自信がつき人生が豊かになる

男性は年を取ると徐々にお腹に脂肪がつき始めいつのまにかベルトの上に立派な脂肪がのっかっているということがあります。そんなときに高い月額料金を払って対して行かないジムを契約してみたり、通販番組のダイエット器具に頼ってみるなんてこともあると思います。ですが、それで結果が出た人は果たして全体のどれくらいいるのでしょうか?そこで今回は「男のダイエット」をテーマにまとめていきたいと思います。

男のダイエット!脂肪を燃やす体作りが必要

昔は痩せていてイケイケ時代だった青春時代。でも年を取って性格も丸くなるのと一緒に体も丸くなってしまっていませんか?
若さは戻ってきませんが体は戻すことができます!!
お腹の脂肪が無くなるだけで若く見られ自信もついてきます。考えてみてください。
ムキムキの人って年をとっても若くて自信があるように見えませんか?
それに比べて自分は・・・なんて思っている人!なにもしていないから自信も出なければ老けて見られるのも当たり前です。

ですが、今回毎日10キロを走って食事を野菜や鶏肉を食べプロテインを飲め!なんていう記事では一切ありません!
ダイエットをする方法を少々説明はしますがそれ以上に「ダイエットをすることによってどれだけ人生が豊かになるのか」を紹介していくものになります。

男性は女性に比べて脂肪が少ないというのは多くの人がご存知だと思います。そのため女性のダイエットにはよく聞く「有酸素運動」をして脂肪を落とす必要があるのに対して男性のダイエットは「無酸素運動」が有効と言えます。その理由は男性のほうが筋肉量が多いために基礎代謝をあげて脂肪を燃焼する必要があるということになるからです。
そのため女性のように「脂肪を落とす」のではなく、「脂肪燃焼をさせやすい身体作りが必要」ということになります。

暴飲暴食によって翌日に食事を抜く必要はない

男性の場合仕事の付き合いや同僚などと飲みに行ってしまいついついしてしまう「暴飲暴食」です。次の日体重を測ってみると数キロ増加していて焦って食事を抑えたことありませんか?
でもその必要はありません。
なぜなら太った分の数キロ食べて脂肪がついたわけではなく胃腸などにある未消化のものや「体内の水分」によるものだからです。
考えてみてください!
飲みに行って飲んでいる量に対してオシッコとして出している量が全然違うときありますよね?確かにビールなどを飲むとトイレが違くなったりしますが飲んでいる量をそのまま出しているわけではなく、飲んでいる量のほうが多いと思います。
その水分が体重の増加につながっています。
また人間は塩分を多く取りすぎると本能的に水分を多く溜め込むようになっています。酒のおつまみなどで塩辛いものを食べたときにのどが渇くのは本能的に水を溜め込もうとしているということになります。
暴飲暴食をしても数日をかけて徐々に胃腸のものを排出しながら水分も出して体重も落ちていきますのでわざわざ翌日に食事を制限する必要はありません。

男性のダイエットは下半身で決まる!

さきほども紹介した通り男性の体は「脂肪を燃焼しやすい身体作りが必要」となります。そこで重要なのが下半身です。
人間の身体の中で一番筋肉量が多いのが「太もも」になります。その太ももを鍛えることで脂肪が燃焼しやすい身体となります。
若いころなにをやっても太らなかったのに年をとるにつれて、太る原因になるようなことをしていないのに太ってきたという人が多いと思います。
それは学生時代など下半身に筋肉があり身体のなかに取り込んだものを燃焼しやすい身体だったためにとくに運動や食事制限などをしなくても痩せていたのに運動不足により筋肉量が低下して脂肪を燃焼しやすい身体から燃焼できない身体へと変化してしまっています。

まずは手軽にでき簡単なことから始めよう

そのためポッコリお腹をなくしたいと思って腹筋をするよりも身体作りを優先したほうが効率よくダイエットすることが出来ると言えます。
そのため最初からジムへ行って鍛えるのももちろんそれが出来るならそれでもいいですが、まずは日々の日常から始めましょう。
簡単なことをやっていくことで「意識」が変われば人間は「行動」がかわります。

下半身を鍛えるのに最適なのが「階段」です。普段使っているエレベーターやエスカレーターを階段にかえるだけで見違えるようにかわっていきます。自宅や職場が10階以上という人もいるでしょう。そのまま毎日階段で上がるだけで本当にジムいらずでダイエットすることが出来ますがそれは大変だと思います。最初からそれだと絶対に失敗してしまいます。

そのため「3階以上のエレベーターはOK」だけど「エスカレーターはNG」にすることや目的地の一階層下や上で降りて階段を使って目的地へいく!とか、仕事中はOKだけど通勤時間や駅は階段を利用するなどの自分ルールを作るといいかもしれません。

ダイエットは「言い訳をしない」からはじまります。

今日は疲れたからいいや・・・・
今日は雨だからいいや・・・・
明日休みで今日の分明日やればいいや・・・・
今日は飲みに行ったから仕方ないや・・・・
明日からは絶対にやろう・・・・

言い訳はいくらでも出てきます。ですがダイエットは人のためでも会社のためでもありません。自分ひとりのためのものです。
自分が変わらなければ体重も変わりません。
「痩せたい!」と考えるから行動を移すことができるので気持ちがないなら最初からやらないほうがよっぽど人生気楽に生きられると思います。
まずは「自分の意識改革」からはじめるといいでしょう!