FXを始める前に!仕組みや投資法を考えよう

FXって聞いたことはあるけどよく知らない!大損して借金する!そんな話を聞いて興味はあるけど手を出せない!なんて人もいると思います。今回はまず、FXは始める前にしておくべきことをまとめてみました。興味がある人はよかったら参考にしてください。

「円安」「円高」ってなに?

そもそも「円安」とか「円高」とかニュースで聞くけどなに?って思われている人もいるかもしれません。そこから解説していきます。

日本で使われている通貨と言えば「円」です。アメリカでは「ドル」など世界では様々な通貨が使われています。でもその価値はいつも同じではありません。

たとえば、「1ドル=100円」から「1ドル=110円」に価値が変わった場合を考えてみましょう。
今までは1ドルで買うのに100円でよかったのに、110円必要になってしまいます。つまり、ドルの価値が高くなったということになります。これが「ドル高」になります。
円で考えると円の価値が下がってしまったので「円安」になったということです。

どんな投資方法にするか?

FXを始めるにしても投資方法がいくつかあります。当日為替の売買を終わらせるやり方もあれば数年先を考えて通貨を保有しておくやり方などがあります。FXというと短期トレードを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、他にも方法はあるのでそちらの解説をしていきます。

スキャルピング

「超短期トレード」となり、数秒から数分でトレードが終わることが多く一日に数十回もトレードができる人向けとなります。最初から初心者がやるには難しいところもあります。

ですが、利益が少ないのでコツコツと回数を重ねることが必要になるので短時間で多くの経験が積めるので時間に余裕があり少額から始める人には向いています。

デイトレード

「短期トレード」となり、当日中に売買を終わらせる方法になります。1日をかけて予測してトレードするやり方になるので、サラリーマンや主婦など時間のない人でも常にレートに張り付いている必要はないので、副業などに向いています。

デイトレードをするためには色々設定をしてから放置しておくやり方が多いので、しっかりとトレードのやり方を覚えておく必要があります。

スイングトレード

「中長期トレード」となり、数日から数週間をかけて相場を予測してトレードする方法になります。トレンドと言われる「流れ」を読みやすく初心者にも向いているトレード方法にはなりますが、ある程度の証拠金(自己資産)が必要になります。

損切りを覚えよう

FXは元本保証がされていない投資になるので、リスクは避けて通れません。どのトレード方法でやったとしても、プロがやっていても100%勝つことはできません。勝率や予測を少しでもあげることができれば、もちろんいいのですがなかなかそう上手くはいきません。

そこで「損切り」と言われる損失を大きくする前に早めにトレードを終える必要があります。

たとえば、買ってきたミカンがあったとして買った時は美味しく食べようとしていたのに気がついたら腐ったミカンがあり、買ったミカンだけど他のミカンを守るために捨ててしまおう
というイメージです。自己資産を守るためにも一回で全てなくすのではなく、負けは負けで切り替えて少しでも損失金額を少なくして次に回すということにするやり方が必要になってきます。

時間帯にも気をつけよう

FXのいい点なのが土日を除く24時間好きな時に取引できるということです。好きな時間で取引することができるのは、世界中の為替取引所が時差の関係でどこかは開いているからです。日本がやっている時はアメリカが閉まっていますが真夜中にはアメリカでは昼なので取引所が開いているということです。

そのため、深夜の時間帯はアメリカの取引所が開いているので為替レートが活発に動く場合があります。昼間の時間帯はゆっくりとした値動きでも突然・・・なんてこともあるため自分が取引する時間帯を考慮した上で取引するのがいいでしょう。