株って?株式投資を知ろう!

投資というと怖いというイメージの方もいると思います。ですが、それは知識が無いために「未知なこと = 怖い・騙される・損する」という風思ってしまっている場合があります。

まずは投資についてのことを知って見るのはいかがでしょうか?

そんな中でも今回は「株式」についてまとめてみましたので、投資をしたことが無いという人はよかったら参考にして投資をチャレンジしてみてください。

株とは?

企業は新しい開発や事業を行う時にまとまった資金が必要となります。ですが、その資金が自己資金のみになってしまうと会社運営などでも資金は必要になってきますので難しくなってきます。

そのため会社に出資してくれる者を募り、会社のために使える資金を集めます。その資金を元手にした企業が「株式会社」となります。

資金を出してくれた人のことを「株主」といい、その株主に出資金に応じた証明書として「株(株式)」を渡しているものになります。

株式投資とは

株式の取引には証券取引所で行われています。一番有名なのが「東証(東京証券取引所)」となり世界三大証券取引所の一つと言われています。取引所で直接売買するわけではなく、投資家は証券会社を使って株券の売買をします。そのため証券会社に口座を開設する必要があります。

株価が変動する理由

上場企業の株式は、証券取引所において売買されています。投資家の人たちは証券会社を使って、株式市場に売り注文や買い注文を出しています。

その時に売りたい人よりも買いたい人の方が多い時に株価は上昇していきます。反対も買いたい人よりも売りたい人の方が多い時に下降していきます。

これが株価が上がったり下がったりする理由になります。この関係を「需給関係」といいます。

いくらから始めることができるのか?

1万円程度から始めることができます。ですが、銘柄の株価によって違ってきます。安い株価の銘柄の場合は1万円程度で購入ができるというだけになります。

有名大企業のような銘柄になると何百万円も必要になってきます。基本的には100株単位での購入になりますが、証券会社によっては「ミニ株」と言われる少ない単位での購入ができるようになっています。

投資方法

株式投資する方法は「短期投資」と「中長期」と大別されています。

短期投資

短期投資はデイトレードともいい、銘柄を購入したその日のうちに売却して利益を確定させるというもので、「チャート」などをみて投資していくような形になるので、初心者には難しいですが、利益を得るまでの期間がとても短いものになります。

中長期投資

中長期投資には売り時が難しいですが、購入してからはほったらかしにできるために多少の株価の変動は気にしません。会社のことを調べて購入する人も多く利益が何倍にもなることがあるのがメリットになります。

配当金とは

オーナーである株主に企業が利益の一部を還元するものとなります。

すべての会社が還元するわけではなく、利益をあげている会社のみとなるので配当金があるのかどうかを確認することが大切になります。

株主優待とは

株主優待は日本独特の文化のもので他国ではやっていないものになります。

配当金と同じで企業が株主に対して、自社関連商品やクオカードやカタログギフトなどの送るというものになります。お中元やお歳暮に近いイメージです。受け取るためには株券を持っていること以外にも条件があります。

・企業が指定する株数を保有している

・権利付き最終日の時点で株を保有している

ミニ株のように少ない株数で購入している場合には株主優待をもらえない可能性がありますので、株主優待を受けるためには必要な株数を事前に確認しておく必要があります。

少額投資なら松井証券

日本で初めて本格的にインターネットでの証券取引を始めたのが松井証券で、創業100年を超える老舗の証券会社となります。

ミニ株と言われる少数の株でも購入が可能となっています。初心者にも使いやすいツールも用意されていて、顧客満足度が高い充実したサポートのある会社となっています。

口座開設を検討している方は自分の資産に応じた無理のない投資をするように心がけてください。